c

「戦史別館」トップ・ページへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   サイト・マップへ

◆◆◆ドイツ海軍 Német Császári Haditengerészet
<◆◆海軍 Haditengerészet
<◆第一次世界大戦FAQ目次
戦史FAQ 目次


 【Link】

「それにつけても金のほしさよ」◆やる夫が地中海で,ドイツ潜水艦と戦うようです

『ドイツ艦隊大自沈』(ダン・ファンデルバット著,原書房,1984/01)

 読了.
 かいつまんでいうと,テルピッツによる大艦隊建造計画の始まりから,スカパフローでの一斉自沈に至るまでの,帝政ドイツ海軍の歴史を解説した本.
・テルピッツとカイザーヴィルヘルムによる大海軍計画の進行と,それがいかにヨーロッパの対立に火を注いだか?
・一次大戦において,彼らはいかに戦い,あるいはいかにして戦わなかったか?
・水兵反乱から始まり,スカパフローで終わる大海艦隊の崩壊まで.
 特に休戦後のドイツ艦隊の内幕,反乱を起こした水兵達が,いかにダメダメな連中だったか?
・政治に翻弄され,情報もろくに入らない中でドイツ艦隊司令官は何を思い決断したか?

 日本では他に数が少ない内容のもので,大変興味深かった.
 ただ,一つ大きく不満なのは,原書では自沈の後に,サルベージ業者による艦隊の引き揚げに関する章があったのが,日本語版ではページ数の関係で削られ,後書きでの内容抜粋という形に縮められていた事.
 カイザーの大艦隊の残骸が,二次大戦後に意外な形で人類の科学の発達に役立っている事を,書かずにどうする.

------------軍事板,2011/02/25(金)
 英独の建艦競争から第一次大戦,ジュットランド海戦,講和そしてスカパブローでの自沈までが,判り易く書かれて読みやすかった.
 特に興味深かったのが,休戦から自沈までの英独間の動き.
 この辺の描写は,他の資料だと大体3~4行で済まされてるもんで.

 ついでにWW1の英独の主力艦の図説のような洋書があれば教えて貰いたいと思います.
 海人社の近代戦艦史,イギリス戦艦史,ドイツ戦艦史は既に保有していますので…

------------軍事板,2012/02/12(日)

 【質問】
 ルックナー『海の鷲』はフィクション?

 【回答】
 全くのフィクションではないが,鵜呑みは非常に危険.
 作者のローウェル・トマスって,アラビアのロレンスなんかも書いていたりして,1の事実を10ぐらいに脚色して書くので悪名高かったりする.
 元々ジャーナリスト出身だから,センセーショナルな物を好むのは仕方ないのかもしれん.

青文字:加筆改修部分


 【質問】
 何故ドイツは,イギリスに建艦競争を挑んだんですか?

 【回答】
 最新の潮流はどうなってるか知らないけど,ドイツ史には「外交における内政の優位」という考えが根強くあって,建艦政策はもっぱら国内問題の所産として描かれることが多いですな.
 社会民主党対策としてのユンカー層と重工業界の同盟という奴です.
 農業関税を引き上げて(1902~)ユンカー層の利益を擁護するとともに,その収入を建艦に充て重工業界を富ませるという,プロイセン蔵相ミーケルの発案による「結集政策」として,ドイツ内政史上あまりにも有名な政策です.
 また,ユンカーと重工業界の同盟だけでなく,それに付随して艦隊協会や農業家同盟,全ドイツ連盟といった大衆団体の組織によって,保守的大衆を支配層の側にひきつける効果もあったかと思います.
 国民的シンボルとしての海軍(ドイツでは帝国陸軍は存在しないが帝国海軍は存在したため,「ひとつのドイツ国家」の重要なシンボルとなった),という要素も重要で,「雄飛するドイツ帝国」というイメージ形成によって国内問題を国外にそらす上で,大艦隊の存在は大きな意味を持っていました.
 実際,社会民主党も帝政後期には社会帝国主義論を掲げるようになっていて,一定の効果はあったかと思われます.

ナポレオン◆oxskxXY/hA in 世界史板,2005/10/12(水)

 WW1前の話なら,弩級戦艦が登場したことで,それまでの戦艦が全て旧式化したため.
 圧倒的な海軍力を持つイギリス海軍に,ヨーイドンで競争ができるというチャンスが生まれた.

 それ以外には皇帝の外交政策とか,植民地獲得競争に出遅れたドイツのルサンチマンなどがある.

青文字:加筆改修部分


 【質問】
 帝政ドイツの「艦隊法」ってのはどんな内容だったのでしょう? なんか足枷になっていたみたいですが.

 【回答】
 Kaiser Wilhelm IIが発した艦隊法は二次に渡って制定されています.

 最初が,1898年で,19隻の戦艦,8隻の海防戦艦,12隻の大型巡洋艦と30隻の小型巡洋艦を,1903年までに建造するというものでした.

 第二次は,1900年で,その規模は倍増し,38隻の戦艦,14隻の大型巡洋艦,34隻の小型巡洋艦と,96隻の駆逐艦を1920年までに建造するというものになりました.

 1906年には弩級艦の誕生を受けて,第三次というか,第二次の第一次改訂案が作られ,更に6隻の弩級艦で3個戦隊を,また,植民地用に6隻の装甲巡洋艦を追加しています.
 更に,潜水艦,水雷艇の追加も為されました.

 かてて加えて,1908年に第二次改訂が加えられ,旧式海防戦艦8隻と前弩級艦4隻の代わりに,4隻の弩級艦の建造が計画され,1912年から1917年までに各二隻の戦艦が毎年就役するようになっています.

 1912年には第三次改訂が加えられます.
 これは3隻の大型巡洋艦の代わりに,3隻の弩級艦と2隻の軽巡洋艦が加えられました.

 あれやこれやで最終的に,1隻の旗艦,3個戦隊を維持する24隻の弩級艦,8隻の巡洋戦艦,18隻の軽巡洋艦,これが第一線戦力.
 予備役として,2個戦隊16隻の戦艦,2隻の装甲巡洋艦,12隻の軽巡洋艦.
 海外植民地警備用に,8隻の装甲巡洋艦,10隻の軽巡洋艦.
 水雷戦隊用に,3隻の水雷戦隊旗艦,108隻の水雷艇,54隻の潜水艦.
 水雷戦隊予備として,36隻の水雷艇,18隻の潜水艦,1隻の水雷戦隊旗艦.
 これらを建造する予定でした.

(眠い人 ◆gQikaJHtf2)


 【質問】
 第二帝政時代のドイツ海軍の編制を教えて下さい.

 【回答】
●開戦時の編成.

大海艦隊(Hochseeflotte)
 旗艦:FriedrichderGrosse
  第1戦隊(弩級艦8隻)
   Ostfriesland/Thueringen/Helgoland/Oldenburg/Posen/Rheinland/Nassau/Westfalen)
  第2戦隊(前弩級艦8隻)
   Preussen/Schlesien/Hessen/Lothringen/Hannover/Schleswig-Holstein/Pommern/Deutschland)
  第3戦隊(弩級艦4隻)
   Kaiser/Kaizerin/KoenigAlbert/PrinzregentLuitpold
  第1偵察戦隊(巡洋戦艦3隻+装甲巡洋艦1隻)
   Seydlitz/Moltoke/VonderTan+Bruncher
  第2偵察戦隊(小型巡洋艦7隻)
  第3偵察戦隊(小型巡洋艦5隻)
  第4偵察戦隊(装甲巡洋艦4隻)
   Roon/Yorck/PrinzAdalbelt/PrinzHeinrich
  第5偵察戦隊(大型巡洋艦4隻・但し予備艦の動員)
  第4戦隊(前弩級艦7隻)
   Wittelsbach/Wettin/Mecklenburg/Schwaben/Zaehringen/Braunschweig/Elsass
  第5戦隊(前弩級艦7隻)
   KaiserFriedrichIII/KaiserWilhelmII/KaiserWillhelmderGrosse/KaiserKarlderGrosse/
   KaiserBarbarossa/Brandenburg/Woeth
  第6戦隊(海防戦艦7隻)
   SiegfriedClassが7隻
  第1潜水戦隊(小型巡洋艦1隻+潜水艦)
  第2潜水戦隊(小型巡洋艦1隻+潜水艦)
  機雷戦艦艇(敷設巡洋艦2隻)
東海艦隊
  東海防備部隊(小型巡洋艦7隻+大型巡洋艦1隻)
  砲術学校(大型巡洋艦1隻)
  水雷学校(装甲巡洋艦1隻)
   Friedrich Karl
港湾防備隊
  エムス水域(Embden)(小型巡洋艦1隻)
  ヤーデ(Willhelmshaven)/ヴェーゼル水域(小型巡洋艦3隻)
  エルベ水域(Hamburg)(小型巡洋艦1隻)
東アジア巡洋艦戦隊(装甲巡洋艦2隻+小型巡洋艦3隻)
  Scharnhorst/Gneisenau+3隻
地中海戦隊(巡洋戦艦1隻+小型巡洋艦1隻)
  Goeben+1隻
東アフリカ派遣(小型巡洋艦1隻),米東海岸派遣(小型巡洋艦1隻)

●1916年12月1日現在の大海艦隊編成

 旗艦:Baden
  第1戦隊(弩級艦8隻)
   第1小隊:Ostfriesland/Thueringen/Helgoland/Oldenburg
   第2小隊:Posen/Rheinland/Nassau/Westfalen
  第2戦隊(前弩級艦6隻の予備戦隊後に解消)
   Deutschland/Hessen/Preussen/Hannover/Schlesien/Schleswig-Holstein
  第3戦隊(弩級艦4隻)
   Koenig/GrosserKurfuerst/Markgraf/Kronprinz
  第4戦隊(弩級艦5隻)
   FriedrichderGrosse/Kaiser/Kaizerin/KoenigAlbert/PrinzregentLuitpold
  第1偵察戦隊(巡洋戦艦4隻)
   Hindenburg(1917~)/Seydlitz/Derflinger/Moltoke/VonderTan
  第2偵察戦隊(軽巡洋艦8隻)
  第4偵察戦隊(軽巡洋艦3隻+敷設巡洋艦2隻)
  水雷艇(7水雷艇隊76隻)
  潜水艦(小型巡洋艦1隻+水雷艇7隻+4潜水艇隊66隻)
  機雷戦艦艇,掃海艇,前哨戒隊,支援艦艇

眠い人◆gQikaJHtf2


 【質問】
 「カイザー・ウィルヘルム・デア・グロッセ」とは?

 【回答】
 第一次大戦前まではドイツ有数の客船.
 1897年,シュテッチンのフルカン造船所で竣工.
 総トン数14,349トン,全長199.5m 乗客は一等506名含む1506名.
 ブレーマーハーフェン=ニューヨーク間を皮切りに,大西洋航路の主力客船として就航,航海速度を競うブルーリボンに輝くこと2回.
 本船を皮切りに,ブルーリボンは1904年のルシタニアによるイギリス客船獲得まで,ドイツ船が独占することになった.
 また,はじめてのマルコーニ製商用無線機を搭載した船でもある.

 しかし,その間に2回大きな衝突事故を起こしており,いずれも死傷者を出している.

 1914年の第一次大戦勃発にあわせてドイツ海軍に徴用,仮装巡洋艦として通商破壊任務に就く.
 武装は105mm砲6門,37mmホチキス機関砲2門.
 艦長はz.S. Rayman.

 8月4日にウェーゼル運河を出て,大西洋に出撃,二隻の貨物船を撃沈するも,燃料の石炭積み込みを行うために向かった,スペイン領モロッコ沖で8月26日英巡洋艦ハイフライヤーに捕捉されて交戦,沈没した.
 艦長以下は,打ち上げられた先のスペイン官憲に投降し,本船の短い第一次大戦は終わった.

参考:”The Kaiser's Pirates-German surface raiders in World War One" John Walter Arms&Armor Press

客船時代の「カイザー・ウィルヘルム・デア・グロッセ」

沈みゆく「カイザー・ウィルヘルム・デア・グロッセ」

ゆずこせう in mixi,2012年07月02日00:18


 【質問】
 「メーヴェ」とは?

 【回答】
 第一次大戦におけるドイツ帝国海軍の仮装巡洋艦.
 1914年5月にギーステミュンデ(ブレーマーハーフェン)で進水.
 このときの船名は『プンゴ』.

 就役後,ドイツ領カメルーンからのバナナ運搬に従事していたが,大戦勃発と同時にドイツ帝国海軍に徴用,ウィルヘルムスハーフェンで機雷施設艦としての改装を受ける.
 このときメーヴェと改称.
 艦長はニコラウス・ツ・ドーナ=シュローディエン.
 排水量9800t 総トン数4788t 全長124.5m乗員235名 武装15cm砲×4 10㎝砲×2 魚雷発射管×2

 大戦二年目も押し詰まった1915年12月29日にキールを出港,
 悪天候が逆に幸いして,イギリスのスカパフロー近くのベントラン海峡に,250個の機雷を施設した.
 その直後の1916年1月6日,英戦艦キングエドワーズ7世が航行中に触雷,沈没した.
 その後はフランスのラロッシェル.ジロンド河口にさらに機雷を施設,ここでも2隻が沈没した.
 その後カナリア諸島沖,そしてブラジル近海まで河岸をかえて,今度は通商破壊任務につく.
 1916年4月にキールに帰還するまでの間,合計15隻を襲撃,2隻を捕獲した以外はすべて撃沈した.

 帰還後,6月に一時的に『ヴィネッタ』と改名,8月までの短期間ノルウェー沖に出撃したが,戦果は1隻にとどまった.

 だが,上記の功績により,艦長ドナ=シュローデンはプール・ル・メリット(ブルーマックス)勲章を受勲,部下の士官も全員が二級鉄十字章を受けた.

 ウィルヘルムスハーフェンで再度の整備,改装の後,1916年秋深まった11月に再度戦闘準備が整い,11月23日再び大西洋に出撃,
 今度は翌1917年3月の帰還までに,軍馬1,200頭を輸送していた「ジョージア」など,合計で25隻,123,265GTを葬った.
 しかしながら,そのうちの石炭船セント・セオドアは捕獲され,後に仮装巡洋艦「ガイエル」となってドイツ軍に就役した.
 1917年春以降は潜水艦母艦「オストゼー」に艦種変更され,無事大戦を乗り切ることにも成功した.

 戦後は戦時賠償としてイギリスに引き渡され,貨物船「グリーンブライヤー」としてすごすが,その後ドイツの会社が1933年に再買収,オルデンブルグの名前で就役した.
 第二次大戦中も徴用はされず,ドイツと占領下ノルウェーの間を往復する日々が続いたが,戦争終結の年1945年の4月7日に,ノルウェー沖で英空軍のボーファイター雷撃機の襲撃を受けて沈没.
 終戦まであと一ヶ月の出来事であった.

写真は
1枚目 メーヴェ

2枚目 ニコラウス・ツ・ドーナ=ショローディエン

3枚目 メーヴェに攻撃されたフランス船マロニ

参考:”The Kaiser's Pirates-German surface raiders in World War One" John Walter Arms&Armor Press

ゆずこせう in mixi,2012年07月02日10:09


 【質問】
 第一次大戦における「海上封鎖」の様相は?

 【回答】
 ところで,海上封鎖とは何か.
 これは,1856年4月16日の「海上法の要義を確定する宣言(パリ宣言)」並びに,1909年2月26日の「海戦に関するロンドン宣言」で国際法上適法と見做された戦時措置です.
 ロンドン宣言では,封鎖の手順は,先ず封鎖の告知を行った上で,国家が敵国の港湾等に対し海上兵力を以て封鎖線を設定し,海上からの敵の交通を遮断する所から始まります.
 「封鎖」を宣言した国は,この封鎖線を越える船舶や貨物は,如何なる国籍のものでも捕獲出来ます.
 貨物は戦時禁制品,条件付禁制品,自由品の3つに分けられ,第24条では条件付禁制品を規定しており,その中には食糧,獣類の飼料用に適する秣及び穀類,軍用に適する衣服,被服用織物及び靴類等々と具体的な品物を挙げています.

 「食糧」は条件付禁制品の第1項に記載されていましたが,1914年8月20日,10月22日の勅令で英国は,ロンドン宣言のリストを否認し,ドイツの輸入品の殆ど総ての物品を戦時禁制品に指定し,食糧も軍隊以外に用いられる場合でも総て,1915年1月に戦時禁制品リストに,自由品となっていた肥料も禁制品に加えられました.
 これにより,英国は1913年当時,ドイツの最大の穀物貿易輸入相手国だった米国やカナダの食糧輸入船を,総て拿捕出来る権限を手にした訳です.
 表向きは,「ドイツによる中立国商船を偽装した機雷敷設に対する復仇措置」でしたが,実際には建艦競争を経ても尚優越する海軍力を有し,海上通商ルートを支配している事により,直接の戦闘を避け,遠隔操作で敵国の弱体化を図るというものでした.

 当時,ドイツの商船は,蒸気船2,090隻,帆船298隻であり,総トン数550万トン程度です.
 しかし7月28日以降,623隻のドイツ商船が中立国の港に逃避し,英国,フランス,ロシアの港で接収された船は全体の36%に当たる200万トンを超えました.
 その上,8月前半だけで更に70万トンの商船が連合国側に拿捕されています.
 ところが,早期決着を夢想していた軍部はこの問題に殆ど関心を払いませんでした.

 1915年2月4日,その英国の措置に対して,ドイツ側が対抗します.
 英国海峡及びその諸島を含む全水域を,ドイツの交戦区域とし,この水域で発見される的船舶は総て攻撃すると宣言し,2月18日に無警告撃沈が開始されます.
 これに対し,英国も3月11日には敵国向け輸出品の没収を宣言し,総てのドイツの港を封鎖しています.
 そんな訳で,幾ら中立国の船舶であっても,危険を冒して海上輸送が出来なくなりました.

 5月7日には,有名なルシタニア号事件が起こります.
 これにより,128名の米国人を含む1,198名が溺死しましたが,ドイツ側はルシタニア号が多くの武器弾薬を搭載していたと非難しました.
 実際にこの船は,420万トンの弾薬と5,000丁の散弾銃が積まれていたと言います.
 しかし,米国の反独世論は一気に拡大し,1917年4月6日の米国対独宣戦布告の引金となりました.

 この無制限潜水艦作戦は,軍部や政治家のパフォーマンスではありません.
 勿論,軍部や政治家は民衆の支持を得ると考え,実際に民衆もこの作戦が食糧不足の突破口を開くと考えたのです.

 そもそも,ドイツ側の楽観的見通しは,彼らに「シュリーフェン作戦」が存在していた為です.
 これは二正面作戦を避けるべく,ロシアは動員に時間が掛るので,まずは西部戦線に集中し,フランスを降伏させた後,ロシアと戦争を行うと言うものでした.
 フランスへの迅速な攻撃の主体は,最右翼に配置した軍団で,これが中立国ベルギーを侵してフランドルを通り,それを通り抜けた後にパリの背後を突くと言う戦術でした.
 勿論,フランス側にもこれに対抗する「第17計画」と言うものがありましたが,これはフランス軍の敵に向かって驀地に突き進むと言う,「生の跳躍」をそのまま置き換えた様なものであり,既に漏れていたシュリーフェン計画は一顧だにされませんでした.

 こうして,8月の間,ドイツ軍はベルギー軍の激しい抵抗にも関わらず快進撃を続け,パリ近郊まで迫り,フランス政府はパリ市民の失望の中で,ボルドーに疎開し,パリは防衛軍指揮官のガリエニにより,市街戦の準備を進めていました.
 ところが,9月6~10日のマルヌの戦いで,英国軍の援助を得た連合軍が,ドイツ軍を押し返すことに成功します.
 これは,ロシア軍の動員が予想以上に迅速だった為に,2個軍団を東部戦線に回さねばならなくなったことや,右翼の軍団の侵攻が早すぎて補給がついて行けなかったこと,そして何よりもベルギーが屈服せず,背後にある英国までも敵に回さなくならねばならなくなった為であり,フランスは危機的状況を脱したのです.

 結果として,戦争は一時的なもので,平和な生活は一端中断し,その間に決着を付けると言う19世紀的な戦争から,塹壕戦が西部戦線の中心的戦闘形態となり,これには膨大な資源を必要としていきます.
 この為,ドイツは当初の楽観主義を捨て,戦時体制の構築に取り組まねばならなくなったのです.

眠い人 ◆gQikaJHtf2,2011/06/20 23:29
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 第一次大戦におけるUボート作戦は,賢明な選択だったのか?

 【回答】
 非合理的で向こう見ず,加えて非現実的であった,とDominic Lievenは述べる.
 以下引用.

 その決定は非合理的で向こう見ず,加えて非現実的であった.
 さらに,第一次大戦へのアメリカの介入と直結した政治的,外交的,軍事的,経済的,心理的要素のバランスを正しく取ったものでもなかった.
 ドイツ潜水艦戦の勝利の可能性すら現実的に計算されていなかった.

 このようになってしまったのは,ドイツの支配的エリートの利益やその思考様式,意思決定において軍部が突出していたからだが,それ以外にも,政策を調整したり,目的と手段の調和を図ったり,相対立する政治的・軍事的・外交的な優先順位と圧力のバランスをとったりする個人や機関がドイツに欠けていたためである.

Dominic Lieven著「帝国の興亡」(日本経済新聞社,2002/12/16)上巻,p.142-143


 【質問】
 WW1におけるUボートの建造ペースを教えられたし.

 【回答】
戦前段階でU1~U45(欠U42)が発注済.

1914年は
 8月 ×12(UA,U46~U56)
10月 ×11(U57~U62,U66~U70)
11月 ×32(UB1~UB17,UC1~UC15)

1915年は
 1月 ×4 (U71~U74)
 3月 ×6 (U75~U80)
 4月 ×12(UB18~UB29)
 5月 ×3 (U63~U65)
 6月 ×12(U81~U92)
 7月 ×18(UB30~UB47)
 8月 ×18(UC16~UC33)
 9月 ×12(U93~U104)
11月 ×15(UC34~UC48)

1916年は
 1月 ×31(UC49~UC79)
 5月 ×56(U105~U114,U117~U138,UB48~UB71,UC49~UC79)
 8月 ×3 (U139~U141)
 9月 ×18(U115~U116,UB72~UB87)
11月 ×9 (U142~U150)

1917年は
 2月 ×58(U151~U163,UB88~UB132)
 6月 ×113(U164~U200,UB133~UB169,UC80~UC118)
12月 ×102(U201~U212,UB170~UB205,UC119~UC152,UF1~UF20)

1918年は
 1月 ×220(U213~U276,UB206~UB249,UC153~UC192,UF21~UF92)

と,順に発注されていきました.
 そして,戦前既に就役していた28隻と合わせて374隻が完成し,203隻が海の藻屑と消えたのでした・・・

 出典は「The U-boat Offencive 1914-1945」

ゆうか ◆9a1boPv5wk in FAQ BBS
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 WW1のドイツUボートの戦果は?

 【回答】
 以下,独英公式記録比較から.

              独         英
1914年 8月        0         0
       9月        0         0
      10月      866t       866t
      11月     2084t      2084t
      12月        0         0

1915年 1月  1万7577t   1万7126t
       2月  2万2785t   2万2784t
       3月  8万9517t   7万2441t
       4月  4万1488t   3万8614t
       5月 12万6895t  10万6293t
       6月 11万5291t  11万8091t
       7月  9万8005t  10万5145t
       8月 18万2772t  18万1691t
       9月 13万6048t  15万1271t
      10月  8万6064t   8万8145t
      11月 16万7523t  15万3277t
      12月 10万7739t  12万1951t

1916年 1月  4万9610t   6万4451t
       2月  9万5090t  10万7857t
       3月 16万0536t  16万9863t
       4月 18万7307t  19万1872t
       5月 11万9381t  12万2592t
       6月  9万3193t  11万1719t
       7月 11万0728t  11万0084t
       8月 16万3145t  15万8405t
       9月 23万1573t  22万4876t
      10月 34万1363t  35万1764t
      11月 32万6689t  32万6003t
      12月 30万7847t  29万1636t

1917年 1月 32万8391t  33万1466t
       2月 52万0412t  49万7095t
       3月 56万4497t  55万3189t
       4月 86万0334t  86万7834t
       5月 61万6316t  58万9603t
       6月 69万6725t  67万4458t
       7月 55万5514t  54万5021t
       8月 47万2372t  50万9142t
       9月 35万3602t  33万8242t
      10月 46万6542t  44万8923t
      11月 30万2599t  28万9095t
      12月 41万1766t  38万2060t

1918年 1月 29万5630t  30万2088t
       2月 33万5202t  31万8174t
       3月 36万8746t  24万4814t
       4月 30万0069t  27万3355t
       5月 29万6558t  29万4019t
       6月 26万8505t  25万2637t
       7月 28万0820t  25万9901t
       8月 31万0180t  27万8876t
       9月 17万1972t  18万6600t
      10月 11万6237t  11万2427t
      11月  1万0233t   2万6857t

トータルでドイツの記録では1228万4757t,
     イギリスの記録では1196万4185t,

 英独の記録を比較して,誤差の小ささは驚嘆に値しますね.
 ちなみに隻数では,イギリスに5282隻の数字が残ってます.

 出典は「The U-boat Offencive 1914-1945」

ゆうか ◆9a1boPv5wk in FAQ BBS
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 それぞれのUボートが挙げた戦果を教えられたし.

 【回答】
 1914年については,U17が1隻866t,U21が2隻2084tを葬ったのみ.

         1915           1916           1917           1918
U6   13隻     4654t
U8    5隻  1万5049t
U9   13隻     8636t
U10   7隻     1625t
U12   1隻     3738t
U16  10隻  1万1476t
U17  11隻  1万5769t
U19  25隻     9464t   7隻  2万0959t  14隻  3万4393t
U20  25隻 11万1170t  11隻  3万2510t
U21   4隻     9219t  10隻  1万6253t  20隻  5万1156t
U22   7隻  1万5678t   9隻     8669t   7隻  1万7892t  20隻     4448t
U23   7隻     8822t
U24  25隻  7万4044t   2隻      384t   6隻  3万1304t
U25  21隻  1万4126t
U26   2隻     2849t
U27   9隻  2万9402t
U28  18隻  4万3760t   5隻  1万4299t  16隻  3万5723t
U29   4隻  1万2934t
U30   9隻  2万2005t   2隻     2913t  15隻  2万2465t
U32   1隻     2247t  16隻  4万4268t  18隻  5万3573t   2隻     5652t
U33  40隻 12万1246t   1隻     5350t  26隻  4万6427t  17隻  5万6575t
U34  19隻  5万6530t  54隻 10万2918t  35隻  5万8789t  13隻  4万4649t
U35  35隻  8万9192t 122隻 26万6643t  62隻 17万0672t   5隻  1万3234t
U36  14隻  1万2688t
U37   2隻     2811t
U38  68隻 15万0912t  53隻 11万3974t  13隻  2万4107t   3隻  1万0992t
U39  44隻 10万2476t  64隻 16万9767t  42隻 12万1447t   4隻  1万0788t

         1915           1916           1917           1918
U41  28隻  5万8949t
U43                 13隻  2万8530t  28隻  7万9314t   3隻     8746t
U44                  8隻  2万6683t  13隻  4万2649t
U45                  4隻     6790t  20隻  3万8832t
U46                 17隻  3万3812t  25隻  7万5197t  13隻  4万1390t
U47                  7隻  1万4579t   7隻     9496t
U48                  4隻  1万0622t  30隻  9万2930t
U49                 17隻  3万5288t  21隻  5万1145t
U50                  9隻  2万5308t  17隻  6万7456t
U52                  4隻     5766t  24隻  6万5459t   2隻      650t
U53                  6隻  2万3264t  60隻 15万6161t  24隻  3万6344t
U54                                21隻  6万2182t   8隻  2万8745t
U55                  3隻     9605t  33隻  5万1082t  29隻  8万4326t
U56                  4隻     5374t
U57                 23隻  1万5167t  32隻  7万6513t   3隻  2万3512t
U58                  3隻     1576t  18隻  2万9325t
U59                  2隻      422t  11隻  1万8341t
U60                                38隻  8万0357t  16隻  3万3801t
U61                                29隻  6万8135t   7隻  2万2635t
U62                                39隻  9万5903t   8隻  3万3163t
U63                 18隻  4万7302t  40隻  9万6552t  16隻  6万7011t
U64                  4隻     9635t  35隻  9万4109t   6隻  2万8422t
U65                  1隻     9223t  40隻  5万8851t  11隻  2万6585t
U66                 12隻  2万4862t  12隻  4万4154t
U67                  3隻     8988t  14隻  3万0705t   2隻     9276t
U69                 14隻  3万8288t  16隻  6万6183t
U70                 15隻  3万0280t  37隻 10万4951t   2隻  1万3458t
U71                  8隻     6585t   8隻     4948t   1隻      120t
U72                  8隻  1万9765t  10隻  1万8806t
U73                 10隻  7万6157t   5隻     4534t   1隻     3030t
U74                  1隻     2802t
U75                  5隻     5035t   4隻     8583t
U76                  1隻     1146t
U78                  4隻     8297t  12隻  1万8381t
U79                  5隻     9560t  16隻  2万4171t
U80                  3隻     5563t  16隻  3万9349t   7隻     5036t
U81                  2隻     2578t  29隻  8万6427t
U82                  5隻     1957t  21隻  6万6507t   9隻  4万0166t
U83                  1隻      123t   4隻     6163t
U84                                25隻  7万6989t   2隻  5万5957t
U85                                 5隻  2万3127t
U86                                13隻  4万6535t  20隻  7万9045t
U87                                21隻  5万9170t
U88                                13隻  3万9583t
U89                                 4隻     8496t   2隻     6885t
U90                                10隻  1万0354t  25隻  9万4155t
U91                                 1隻     2274t  39隻  9万3976t
U92                                                8隻  1万9790t
U93                                27隻  7万2756t   3隻     6068t
U94                                15隻  3万9876t   5隻  1万7769t
U95                                12隻  3万0338t   2隻     7592t
U96                                21隻  7万0614t  11隻  3万0918t
U97                                 2隻      421t   2隻     4985t
U98                                                3隻     9120t
U100                                5隻  1万3901t   7隻  4万2307t
U101                                4隻     7886t  24隻  5万2821t
U102                                2隻     7605t   3隻     5640t
U103                                3隻     7001t   5隻  1万5248t
U104                                4隻     8145t   8隻  2万8567t
U105                                8隻  2万9553t  12隻  2万6131t

         1915           1916           1917           1918
U107                                               6隻  2万4576t
U108                                               2隻     8445t
U110                                2隻     5105t   6隻  2万7036t
U111                                               3隻     3011t
U113                                               4隻     6734t
U117                                              24隻  4万6898t
U118                                               2隻  1万0439t
U122                                               1隻      278t
U139                                               6隻     7208t
U140                                               7隻  3万0888t
U151                               12隻  2万9048t  39隻 10万9236t
U152                                              20隻  3万7726t
U153                                               4隻  1万2780t
U154                                               4隻     8158t
U155                               19隻  5万3306t  47隻 13万4795t
U156                                4隻     7353t  52隻  5万6442t
U157                                1隻      302t  13隻  1万0463t

UB2  10隻      706t   1隻      672t
UB4   3隻  1万0883t
UB5   5隻      996t
UB6   7隻     3922t   9隻     3085t
UB7   1隻     6011t
UB8   1隻  1万9380t
UB10 27隻  1万3379t   2隻     2825t   7隻     6379t
UB12  9隻      424t   6隻     5313t   6隻     4405t
UB13  4隻     2170t   6隻     1593t
UB14  3隻  1万3467t                  1隻      155t
UB16 11隻     9504t  11隻     8275t   1隻      107t   2隻      939t
UB17  6隻      545t   6隻     1689t   1隻       40t

          1915           1916           1917           1918
UB18                 88隻  8万9342t  38隻  3万9213t
UB19                 11隻  1万1558t
UB20                  4隻     1531t   9隻     8383t
UB21                  7隻     2491t  18隻  2万3841t   9隻  1万3593t
UB22                  7隻     4570t  20隻  1万2076t
UB23                 41隻  2万1482t  10隻  1万2840t
UB27                 10隻     6438t   2隻  1万0228t
UB29                 29隻  3万9378t
UB30                  6隻      964t   4隻     4269t  12隻  3万1044t
UB31                                22隻  6万6221t   7隻  1万8129t
UB32                                22隻  4万2889t
UB33                                              15隻  1万4152t
UB34                  9隻     5494t  10隻  2万0412t  15隻  2万2822t
UB35                  8隻     5826t  31隻  2万8192t   5隻  1万3198t
UB36                  3隻     1152t   8隻     5100t
UB37                 26隻  1万4744t   4隻     5756t
UB38                 21隻  1万6799t  21隻  2万6973t   7隻  1万0219t
UB39                 60隻  6万6599t  33隻  2万3211t
UB40                 12隻  1万5355t  56隻  8万9654t  35隻  2万8349t
UB41                                 8隻     8387t
UB42                  2隻      881t   7隻  1万0470t   2隻     6206t
UB43                 13隻  6万3239t   9隻  3万5963t
UB44                  1隻     3409t
UB45                  3隻  1万1666t
UB46                  4隻     8099t
UB47                 12隻  4万2949t   8隻  3万2885t
UB48                                16隻  5万1922t  20隻  5万7351t

          1915           1916           1917           1918
UB49                                14隻  4万1546t  30隻  5万6154t
UB50                                19隻  3万6139t  22隻  7万3053t
UB51                                 5隻  2万6661t  15隻  2万6867t
UB52                                               14隻  4万2637t
UB53                                 2隻     3119t  18隻  4万8065t
UB54                                 6隻     6638t  10隻     3244t
UB55                                 7隻     5192t  13隻  1万9986t
UB56                                 4隻     5407t
UB57                                17隻  4万3651t  36隻 10万9499t
UB58                                 6隻     7983t   2隻      208t
UB59                                 1隻     2309t   6隻     8669t
UB61                                 2隻  1万2920t
UB62                                 5隻  1万2187t   3隻  1万0065t
UB63                                 2隻     4481t   4隻  1万3660t
UB64                                 1隻     1712t  29隻  3万8488t
UB65                                 3隻     4275t   6隻  1万8186t
UB66                                                1隻      200t
UB67                                                1隻  1万3936t
UB68                                                7隻  1万6993t
UB70                                                6隻  2万3736t
UB72                                                6隻  1万2578t
UB73                                               10隻  2万2259t
UB74                                               10隻  1万9530t
UB75                                 5隻     9529t
UB77                                                2隻  1万5448t
UB78                                                3隻     1511t

          1915           1916           1917           1918
UB80                                 3隻     9942t  16隻  3万1329t
UB81                                 1隻     3218t
UB82                                                1隻     1920t
UB83                                                2隻     1770t
UB86                                                7隻  1万3351t
UB87                                                7隻  3万4380t
UB88                                               13隻  3万2333t
UB90                                                1隻     1420t
UB91                                                5隻  1万6468t
UB92                                                7隻  1万6459t
UB94                                                2隻     3261t
UB95                                                2隻     5282t
UB103                                              15隻  2万8746t
UB104                                               7隻  1万4442t
UB105                                              25隻  6万9641t
UB107                                              12隻  2万8740t
UB108                                               2隻     2655t
UB109                                               5隻  1万3610t
UB110                                               4隻     7686t
UB111                                               8隻     1571t
UB112                                               9隻     9238t
UB113                                               2隻     1836t
UB115                                               1隻      336t
UB117                                               6隻  1万1586t
UB118                                               5隻  2万3967t
UB119                                               1隻     2100t
UB120                                               2隻     7219t
UB122                                               1隻     3150t

          1915           1916           1917           1918
UB123                                               5隻     4490t
UB125                                               6隻  1万0967t
UB126                                               2隻     3078t
UB128                                               1隻     7418t
UB129                                               1隻     9219t

UC1    11隻  1万0028t  25隻  4万0339t   2隻     8721t
UC3    15隻  1万7669t   4隻  1万0597t
UC4                    9隻  1万1432t  14隻  1万2844t   5隻     2859t
UC5    19隻  2万1915t  10隻  1万4373t
UC6    20隻  1万6197t  32隻  4万5672t   2隻     2175t
UC7    13隻  2万0819t  16隻  2万4451t
UC10    1隻     2229t  14隻  2万7849t
UC11    3隻     3457t  10隻  1万5811t  11隻  1万3677t   5隻     5611t
UC12                  5隻     3039t
UC13    3隻      387t   
UC14    1隻     2952t   7隻     4918t   6隻     1097t
UC15                  1隻     3905t
UC16                 21隻  2万0277t  21隻  2万2799t
UC17                 25隻  1万4128t  58隻 10万5659t  11隻  2万4083t
UC18                 19隻  1万8094t  15隻  1万5522t
UC19                  1隻      275t   2隻     3080t
UC20                  2隻     1353t  16隻     8797t   6隻  1万9964t
UC21                 22隻  2万2599t  73隻 10万6903t
UC22                  6隻  1万8420t   9隻     5966t   9隻  2万8317t
UC23                  2隻  1万4598t  33隻     8167t  31隻  1万7409t
UC24                                 4隻     9816t
UC25                                10隻     2792t   7隻  2万4941t
UC26                 22隻  3万8348t  13隻  1万7884t
UC27                                43隻  3万1078t  10隻  3万6912t

          1915           1916           1917           1918
UC29                                17隻  2万0765t
UC30                  1隻      628t   8隻     5239t
UC31                  1隻      200t  33隻  3万8091t   3隻  1万5336t
UC32                  2隻     2198t   4隻     4649t
UC33                                35隻  2万0557t
UC34                  2隻      460t  11隻  4万0306t   6隻  2万4780t
UC35                                34隻  5万6482t   8隻     9087t
UC36                                18隻  2万8348t
UC37                                31隻  5万6543t  35隻  2万1615t
UC38                                36隻  5万2525t
UC39                                 3隻     5249t
UC40                                18隻  2万1617t  14隻  2万5317t
UC41                                18隻  1万8233t
UC42                                13隻     9635t
UC43                                13隻  2万4727t
UC44                                27隻  2万4271t
UC45                                12隻  1万6809t
UC46                  5隻     4273t   5隻     6387t
UC47                                52隻  6万5884t
UC48                                34隻  6万7776t
UC49                                13隻  3万4859t  10隻  2万8336t
UC50                                26隻  4万2212t   3隻     3610t
UC51                                29隻  3万4394t
UC52                                 5隻      101t  15隻  2万7570t
UC53                                28隻  2万5584t  25隻  3万8438t
UC54                                 3隻     3453t  16隻  6万5906t
UC55                                 9隻  1万2988t
UC56                                                2隻     9824t
UC57                                 1隻       88t
UC58                                14隻     3927t   6隻  1万6808t
UC59                                                8隻     8331t
UC60                                 1隻     1426t

          1915           1916           1917           1918
UC61                                11隻  1万3819t
UC62                                12隻  2万0035t
UC63                                36隻  3万6404t
UC64                                15隻  1万5555t  12隻     9483t
UC65                               103隻 11万2859t
UC66                                33隻  4万7152t
UC67                                29隻  6万0667t  24隻  3万7651t
UC69                                50隻  8万8138t
UC70                                24隻  1万2347t   9隻  1万4576t
UC71                                49隻  8万3272t  20隻  6万0653t
UC72                                37隻  6万4323t
UC73                                 6隻  1万1701t  12隻  1万4719t
UC74                                27隻  7万1807t  10隻  2万5092t
UC75                                39隻  5万0114t  17隻  3万8959t
UC76                                14隻     6006t
UC77                                28隻  3万7574t   4隻  1万1488t
UC78                                                2隻  1万3000t
UC79                                 7隻  1万5880t   3隻     6467t

 出典は「The U-boat Offencive 1914-1945」

ゆうか ◆9a1boPv5wk in FAQ BBS
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 ルシタニア号事件は,アメリカの第一次大戦参戦に,どの程度影響を与えたのか?

 【回答】
 ポール・ジョンソンによれば,アメリカ人の対ドイツ観を壊滅的に悪化させたものの,直接の引き金ではないという.
 ウィルソン大統領は,「このような残虐行為は二度としない」というドイツの保証を得ただけで満足し,1916年の選挙では中立主義を掲げて臨んだという.
 しかし1917年2月から3月にかけ,何隻ものアメリカ船がUボートに沈められたことと,報道機関によるツィンマーマン電報(ドイツとメキシコが同盟を組み,アメリカを攻撃しようと提案する内容)の暴露があったため,ウィルソン大統領は宣戦布告に踏み切ったという.

 詳しくはポール・ジョンソン著『アメリカ人の歴史』第3巻(共同通信社,2002.7),p.35-36を参照されたし.


 【質問】
 先日,朝日ソノラマのエムデンの戦いを入手したんですが,他にもWW1の通商破壊艦に関する書籍で,お勧めとかないですか?
 できれば当事者による回顧録みたいのが嬉しいです.

 【回答】
 回顧録ではないけど公刊戦史かな.

独国海軍軍令部編纂『外国海洋に於ける巡洋艦通商破壊戦史 第二巻
軽巡洋艦通商破壊戦史』(訳)(海軍軍令部 1924年)

編纂者序言 海軍少将 エーリッヒ・レーダー
第一編 軽巡洋艦エムデン
第二編 軽巡洋艦ケーニヒスベルグ
第三編 軽巡洋艦カールスルーエ
第四編 軽巡洋艦ガイエル

軍事板,2009/09/06(日)
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 キール軍港の反乱(1918.10.24)のきっかけとなった,勝ち目のない艦隊出撃命令はなぜ出たの?

 【回答】
 国家そのものよりも海軍の面子を優先したものと言えるかと思います.
 当時,休戦交渉が首相バーデン公の元で進められておりましたが,海軍はこの交渉の成否に関わる出撃に関して,政府の作戦計画介入を恐れて何の了解も取り付けておりません.
 全く無視して進めております.
 当時の政治状況で政府に無断で出撃を行えば,交渉中のバーデン公はどういう立場に置かれるか,ということを鑑み,これを軍部の意に沿わない首相を引きずり下ろす意図もあったと見る歴史家もいるようです.(A・J・P・テイラーの『第一次世界大戦』参照)

 また,出撃命令に先立つ10月6日外洋艦隊参謀長トロータは
「艦隊の名誉ある闘いが,この闘いで死を賭けた闘いになるにしても……そこから新しいドイツの未来艦隊が立ち現れるであろう.
 恥ずべき平和によって枷をかけられた艦隊に未来はない」
と述べておりますし,命令後の10月25日には海戦指導部戦中日誌に
「これ(艦隊出撃)によって,状況の決定的変化を期待出来ないにしても,やはり精神的視点からすれば,最終戦で艦隊が全力を尽くすのは,海軍の死活=名誉問題である」
と書かれているようです.
 散ることによって海軍の面子を保ち,海軍の再生に賭けようという気概は,十分に感じられますが,国家の文字は出てきません.
 こうでもしないと海軍将校連の特権的地位を保持出来ないため,との見方もあります.

「休戦協定を少しでも有利にするため,全戦力を持って英海軍と決戦を」
などといった,
ほんの少しでも合理的な考えは,確かミヒャエリス大佐の日記にあったと思いますが,
(どーせ休戦になれば艦隊渡しちゃうんだから,その前に稼ごうといった感じ)
当時の記録を調べると上のような精神論が主流で,異端だったっぽいです.

 以上,ほとんどは山田義顕氏の論文,軍事史学第22巻2号『第一次大戦後のドイツ海軍将校』からでした.

軍事板
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 第一次世界大戦のドイツの戦艦とかは敗戦でどうなったのでしょうか?
 やっぱり戦勝国に戦利品として分捕られたのでしょうか?

 【回答】
 弩級艦,超弩級艦,巡洋戦艦に限って言えば….

Nassau → 1920.4.7日本に引渡し,オランダで解体.

Westfalen → 1920.8.5 英国に引渡し,調査の上,同国で解体.

Rheinland → 座礁のため,賠償艦になったものの他国に引き渡されず,解体.

Posen → 1920.5.13 英国に引渡し,オランダで解体.

Helgoland→ 1920.8.5 英国に引渡し,調査の上,同国で解体.

Ostflrisland → 1920.4.7 米国に引渡し,Mitchellの指揮する爆撃機の実艦的となる.115kg~1t爆弾13発命中もびくともせず,翌日500kg爆弾3発命中でも前後が沈んだだけ,翌々日に1t爆弾6発の至近弾で沈没.

Thuringen → 1920.4.29 フランスに引渡し,標的艦となった後,同国で解体.

Ordenburg → 1920.5.13 日本に引渡し,オランダで解体.

Kaiser級4隻 → 全艦自沈,1933~36年解体.

Konig級4隻 → 全艦自沈,1936~62年頃解体.

Bayern級4隻 → 全艦自沈,1921~35年解体.但し,Badenは浅かったので浮揚し,英国の実艦的.

VonderTann → 自沈,1934年解体.

Moltke → 自沈,1929年解体.

Goeben → 1914.8.16除籍後,Turkeyに引渡し.

Seydlitz → 自沈,1930年解体.

Derflinger,Hindenburg → 自沈,1932~36年解体.

眠い人◆gQikaJHtf2

 ちなみに駆逐艦は各国に分配され,中には第2次大戦でドイツ軍と交戦した艦も.
 詳しくは「第2次大戦駆逐艦総覧」(ホイットレー著,大日本絵画,2000.2)を参照されたし.

 イタリアに渡って海防艦となった装甲巡洋艦もある.

消印所沢


 【質問】
 1960年代に西ドイツが,トルコの保有していた巡洋戦艦ヤウズを買い取ろうと持ちかけて断られたり,逆に断ったりしてますが,旧式も良いところの巡洋戦艦を今更手に入れようとした理由,そして結局買い取らなかった理由は何でしょうか?

 【回答】
 最初に申し込みがあった1963年の西ドイツは,アデナウアーが首相の時代で,右派のCDU(キリスト教民主同盟)とCSU(キリスト教社会同盟およびFDP(自由民主党)が保守連立政権を組んでいた.
 おそらくは購入して記念艦として活用しようとしたものと思われる.
 トルコから売却の申し出のあった1966年には,FDPが離脱し,代わって左派のSPD(社会民主党)が連立に加わっていた.
 こうして政権が左派の意向を入れなければならない状態になったために,過去の遺物であるゲーベンの購入計画は立ち消えになったと思われる.

――と,wikiの記事や当時の社会状況からこのような推測ができる.
 正しいかどうか,後は自分で裏をとって調べてくれ.

軍事板
青文字:加筆改修部分


目次へ

「戦史別館」トップ・ページへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   サイト・マップへ